専属専任媒介契約や一般媒介契約に向いている人

このように複数の契約形態を挙げることができますが、では専任媒介契約一般媒介契約を結ぶことに向いている人にはどのような特徴を挙げることができるのでしょうか。(参考サイト|契約形態比較 – 高く家を売る研究

まず専属専任媒介契約に向いている人は既に信頼できる不動産会社を見つけることができた人です。専属専任媒介契約では上記でも紹介したように一社が独占してその不動産を管理することになるので、家を売ることを検討している人は不動産会社に対して信頼できなければ結ぶことができない契約です。しかし、家を売る方の中には既にお願いしたい不動産会社は決まっており、それ以外に業者に仲介を依頼するケースが少ない人は専属専任媒介契約に向いている方になります。
一戸建てその他にも売却ができなかった時に業者への売却を検討している人の中には専属専任媒介契約をする人もいます。

一方、一般媒介契約に向いている人は人気のエリアの物件を持っている人です。
基本的に人気の土地に関してはその分需要が高いので売れる可能性が高くなります。
そのため、一般媒介契約でもスムーズに売れる可能性が高いです。
また、一般媒介契約ではレインズ登録の義務がありません。
レインズ登録をしない方法で家を売ることができるので近所に家を売ることを知られるリスクを少なくできます。

一般媒介契約について

専属専任媒介契約以外の契約形態として挙げられるのが、一般媒介契約です。一般媒介契約の特徴は専属専任媒介契約や専任媒介契約などに比べて複数の業者に仲介してもらうことができます

ネットワーク実際に複数の不動産会社に仲介してもらうことで利点があります。それは買手の幅が広がることです。
当然、不動産それぞれで抱える顧客は異なります。
もし複数の業者に仲介を依頼することができればその分多くの人の自分の物件を知ってもらうことができるので、家を売る際に一般媒介契約を結べて多くの購入者を募ることができる可能性があります。
多くの人の目に触れることで購入したいと思う人が増加することが期待できます

競争することで宣伝活動の活発化を期待できます。
基本的に購入者は不動産の宣伝などを目にして利用します。
もし宣伝活動が積極的に行われていない場合、購入検討者が自分が売りたい物件を知ることが少なくなるので、露出が減ることで購入される確率も下がります。基本的に一般媒介契約では複数の業者に仲介を依頼するので、魅力ある物件であればそれぞれの業者が売るために必死に宣伝をしてくれることが期待できるので、売れる可能性を高められる可能性があります。

専属専任媒介契約について

実際に不動産会社を利用して契約を交わしますが、その契約形態は複数あります。事前に知っておくともし万が一自分が家を売る時に参考にできるので、メリットを感じることができる人は多いでしょう。契約形態の一つに専属専任媒介契約があります。専属専任媒介契約を交わすことで売る側は様々な利点を得ることができます。

家の模型とカレンダーと砂時計専属専任媒介契約を交わすことで得られる利点は報告頻度が高いことです。
専属専任媒介契約以外にも契約形態がありますが、他の契約形態に比べて報告しなければならない頻度が最も高いです。
実際に販売状況を定期的に確認したいと考える売り主もいます。
もし販売状況がわからないと売れそうなのかそれとも売れるまでに未だ時間がかかりそうなのかを把握できないため、不安を抱く人も多いです。
もし専属専任媒介契約を結べば定期的に不動産会社からの報告を受けることができるので、販売状況を透明化ができ、それによって不安を少なくできます。

その他にも広告費用を積極的にかけてくれることも利点の一つです。
実際に家は安い買い物ではありません。
そのため、購入してもらうためには多くの人に知ってもらう必要があります。通常は宣伝をすることで購入者を募りますが、専任媒介契約であれば積極的に宣伝活動を行う不動産会社も存在します。


関連する記事

 

家を売る際の不動産会社との契約形態について

家を売る機会が訪れる人はいます。例えば、今所有する物件を少なくするために家を売る人もいます。
不動産の悩み今では住宅ローンなど、マイホームを持つためのサービスが充実しているので、幅広い人が家を手に入れることができます。
当然、資産家などにおいては日常の暮らしをする住宅だけでなく、別荘などを所有する人も多く、複数の家を所有する方もいます。
資産家だけでなく家を複数箇所持つ人はいます。
例えば遺産相続によって所有せざるをえない家などです。
遺産相続をする時には兄弟で均等に分けるために家を売る人もいますが、自分達が育った家なため売りたくないと考える人も少なくありません。
しかし、高齢化に伴い管理ができなくなるなどのトラブルを抱えている人の中には手放す方も珍しくありません

このように売る機会に遭遇する人も多いですが、実際に売ることで管理をしなくても済みます。当然、売り方によっては売却後も対応を迫られるケースがあります。例えば、瑕疵担保責任による住宅設備の修繕などです。しかし、しっかりとトラブルが起きないように配慮すれば住宅設備の補修などをしなくても済むケースが多く、掃除などの管理もしなくても済むため負担を少なくできます。また、実際に家の所有には固定資産税などの税金がかかりますが、そのような金銭的な負担も少ないです。

このように家を売ることで魅力を得ることができますが、売る際には不動産会社を利用するのが一般的です。利用すると契約をすることになりますが、どのような契約形態が設けられているのでしょうか。