一般媒介契約について

Posted by 運営者 on 17/10/05

専属専任媒介契約以外の契約形態として挙げられるのが、一般媒介契約です。一般媒介契約の特徴は専属専任媒介契約や専任媒介契約などに比べて複数の業者に仲介してもらうことができます

ネットワーク実際に複数の不動産会社に仲介してもらうことで利点があります。それは買手の幅が広がることです。
当然、不動産それぞれで抱える顧客は異なります。
もし複数の業者に仲介を依頼することができればその分多くの人の自分の物件を知ってもらうことができるので、家を売る際に一般媒介契約を結べて多くの購入者を募ることができる可能性があります。
多くの人の目に触れることで購入したいと思う人が増加することが期待できます

競争することで宣伝活動の活発化を期待できます。
基本的に購入者は不動産の宣伝などを目にして利用します。
もし宣伝活動が積極的に行われていない場合、購入検討者が自分が売りたい物件を知ることが少なくなるので、露出が減ることで購入される確率も下がります。基本的に一般媒介契約では複数の業者に仲介を依頼するので、魅力ある物件であればそれぞれの業者が売るために必死に宣伝をしてくれることが期待できるので、売れる可能性を高められる可能性があります。

Filed under 契約形態

Comments are closed.