家を売る際の不動産会社との契約形態について

Posted by 運営者 on 17/10/03

家を売る機会が訪れる人はいます。例えば、今所有する物件を少なくするために家を売る人もいます。
不動産の悩み今では住宅ローンなど、マイホームを持つためのサービスが充実しているので、幅広い人が家を手に入れることができます。
当然、資産家などにおいては日常の暮らしをする住宅だけでなく、別荘などを所有する人も多く、複数の家を所有する方もいます。
資産家だけでなく家を複数箇所持つ人はいます。
例えば遺産相続によって所有せざるをえない家などです。
遺産相続をする時には兄弟で均等に分けるために家を売る人もいますが、自分達が育った家なため売りたくないと考える人も少なくありません。
しかし、高齢化に伴い管理ができなくなるなどのトラブルを抱えている人の中には手放す方も珍しくありません

このように売る機会に遭遇する人も多いですが、実際に売ることで管理をしなくても済みます。当然、売り方によっては売却後も対応を迫られるケースがあります。例えば、瑕疵担保責任による住宅設備の修繕などです。しかし、しっかりとトラブルが起きないように配慮すれば住宅設備の補修などをしなくても済むケースが多く、掃除などの管理もしなくても済むため負担を少なくできます。また、実際に家の所有には固定資産税などの税金がかかりますが、そのような金銭的な負担も少ないです。

このように家を売ることで魅力を得ることができますが、売る際には不動産会社を利用するのが一般的です。利用すると契約をすることになりますが、どのような契約形態が設けられているのでしょうか。

Filed under 未分類

Comments are closed.