専属専任媒介契約について

Posted by 運営者 on 17/10/04

実際に不動産会社を利用して契約を交わしますが、その契約形態は複数あります。事前に知っておくともし万が一自分が家を売る時に参考にできるので、メリットを感じることができる人は多いでしょう。契約形態の一つに専属専任媒介契約があります。専属専任媒介契約を交わすことで売る側は様々な利点を得ることができます。

家の模型とカレンダーと砂時計専属専任媒介契約を交わすことで得られる利点は報告頻度が高いことです。
専属専任媒介契約以外にも契約形態がありますが、他の契約形態に比べて報告しなければならない頻度が最も高いです。
実際に販売状況を定期的に確認したいと考える売り主もいます。
もし販売状況がわからないと売れそうなのかそれとも売れるまでに未だ時間がかかりそうなのかを把握できないため、不安を抱く人も多いです。
もし専属専任媒介契約を結べば定期的に不動産会社からの報告を受けることができるので、販売状況を透明化ができ、それによって不安を少なくできます。

その他にも広告費用を積極的にかけてくれることも利点の一つです。
実際に家は安い買い物ではありません。
そのため、購入してもらうためには多くの人に知ってもらう必要があります。通常は宣伝をすることで購入者を募りますが、専任媒介契約であれば積極的に宣伝活動を行う不動産会社も存在します。


関連する記事

 

Filed under 契約形態

Comments are closed.