専属専任媒介契約や一般媒介契約に向いている人

Posted by 運営者 on 17/10/06

このように複数の契約形態を挙げることができますが、では専任媒介契約一般媒介契約を結ぶことに向いている人にはどのような特徴を挙げることができるのでしょうか。(参考サイト|契約形態比較 – 高く家を売る研究

まず専属専任媒介契約に向いている人は既に信頼できる不動産会社を見つけることができた人です。専属専任媒介契約では上記でも紹介したように一社が独占してその不動産を管理することになるので、家を売ることを検討している人は不動産会社に対して信頼できなければ結ぶことができない契約です。しかし、家を売る方の中には既にお願いしたい不動産会社は決まっており、それ以外に業者に仲介を依頼するケースが少ない人は専属専任媒介契約に向いている方になります。
一戸建てその他にも売却ができなかった時に業者への売却を検討している人の中には専属専任媒介契約をする人もいます。

一方、一般媒介契約に向いている人は人気のエリアの物件を持っている人です。
基本的に人気の土地に関してはその分需要が高いので売れる可能性が高くなります。
そのため、一般媒介契約でもスムーズに売れる可能性が高いです。
また、一般媒介契約ではレインズ登録の義務がありません。
レインズ登録をしない方法で家を売ることができるので近所に家を売ることを知られるリスクを少なくできます。

Filed under 未分類

Comments are closed.